大阪交響楽団 CONCERT
THE WORLD OF JOHN WILLIAMS


◆お知らせ

こども無料券は、完売しました(7月11日)
こども同伴の保護者半額券は、完売しました(7月2日)


数々の映画を彩ってきた巨匠ジョン・ウィリアムズの音楽。
誰もが1度は耳にしたことがある楽曲を、”魂の叫び” ”情熱の音”と評される大阪交響楽団がフルオーケストラで壮大にお届けします。

■プログラム
・ 「スターウォーズⅣ/新たなる希望」より
 王座の間とエンドタイトル

・ 「インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク」より
 レイダース・マーチ

・ 「ジュラシック・パーク」より
 ジュラシック・パークのテーマ

・ 「E.T.」より
 地上の冒険

・ 「シンドラーのリスト」より
 シンドラーのリストのテーマ (ヴァイオリン:北川千紗) ほか


大阪交響楽団 Osaka Symphony Orchestra

1980年「大阪シンフォニカ-」として創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。創設者である、永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」と評されている。
2001年1月に、楽団名を「大阪シンフォニカ-交響楽団」に、2010年4月「大阪交響楽団」に改称した。
1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。その後、曽我大介、大山平一郎、児玉宏、外山雄三の歴代シェフのもと、楽団は大きく発展を遂げてきた。また、2022年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。
2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長/CEO(当時) 樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長/CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。 海外公演は、2002年12月、日本・ルーマニア交流100周年記念として初のヨーロッパ公演を、また2003年3月には日越外交樹立30周年記念としてベトナム・ハノイ市にて公演を行っている。

オフィシャルホームページ


指揮佐々木新平 


秋田県出身。東京学芸大学を経て桐朋学園大学にて指揮を専攻。飯守泰次郎、秋山和慶、小泉ひろしの各氏に師事。その後ヨーロッパ各地の国際指揮マスタークラスに選抜され、J.パヌラ、H.アンドレシュク、M.ストリンガーら巨匠たちの薫陶を受ける。2013年よりミュンヘンへ留学。ドイツを中心にヨーロッパ各地でさらなる研鑽を積んだ。2012年の第9回、2017年の第10回フィテルベルク国際指揮者コンクールにおいてディプロマ、2015年ブザンソン国際指揮者コンクールにおいては本選最終の8人に選出された。これまで大阪交響楽団をはじめ国内の主要楽団に客演。2015-2019年東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団アソシエイト・コンダクター。2022年には秋田県の芸術文化の拠点として新たに誕生した”あきた芸術劇場ミルハス”の音楽部門アドバイザーに就任。2024年7月よりヤマハ吹奏楽団の名誉指揮者に就任。現在オーケストラを中心に、吹奏楽、合唱、オペラ、バレエ等あらゆるシーンで才能を発揮。その活躍の模様はNHK-Eテレ”クラシック音楽館”、NHK-BSプレミアム公開収録コンサート、テレビ朝日”題名のない音楽会”等で放送された。その他、オーケストラによる多彩なレコーディングや映像収録、公式イベントでの指揮を務めるなど多方面に活動の幅を広げている。しなやかな足取りで、ひたむきに遥かなる高みに向かう若き指揮者。

オフィシャルホームページ


ヴァイオリン北川千紗


2020年第89回日本音楽コンクール第1位、岩谷賞(聴衆賞)を含む4つの特別賞受賞。2021年スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクール(ロシア)第2位。3つの最年少優勝を皮切りに2009年より11の国際コンクールにおいて優勝とグランプリを獲得。これまでに国内外多数のオーケストラと共演を重ねる。CHANEL ピグマリオンデイズ2019アーティスト。三井住友海上文化財団フレッシュアーティスト。 大垣市文化奨励賞、市民大賞、岐阜県芸術文化奨励、第25回ABC新人コンサート最優秀音楽賞受賞。ヴァイオリンを青山陽子、青山泰宏、海野義雄、清水髙師の各氏に師事。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て同大学を卒業。宗次德二特待奨学生として桐朋学園大学大学院修士課程を修了。2023 年コンセルトヘボウ(アムステルダム)においてデビュー。現在国内外において幅広く活動を展開中。


日時2024年(令和6年)
9月7日(土) 17:30開場 18:30開演
会場高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
(会場の出入口は1階のみです)
入場料◎全席指定
―――1階席及び2階席 ――――
・一般(前売り)5,800円
・一般 (当日)6,300円 
――3階席及びバルコニー席 ――
・こども無料券   0円(先着210枚)完売
・保護者半額券 2,900円(先着41枚)完売

※未就学児の入場はご遠慮ください
※チケットの取り扱いは、ローソンチケットのみとなります
※全席指定ですが座席は選択できません(1階席か2階席かは選択できます)。ローソンにて前方から順に発券されます
※1回の操作で複数枚お申し込みいただいた場合は、連席となります。ただし【一般券】と【こども無料券及び保護者半額券】は階層が違うため連席とはなりません
※チケットはなくなり次第、販売を終了します
※Loppi(ローソンに設置されているチケット購入端末)での発券時、発券手数料として110円がかかります
※Loppiで一度に発券できる枚数は4名様分までです

【こども無料券】
※こどもとは、小学1年生から高校3年生までの方を対象とします
※入場時、年齢確認をさせていただきますので、年齢の分かるもの(学生証や保険証など)を必ず持参のうえ会場にお越しください
 
【こども同伴の保護者半額券】
※“こども無料券”持参のこどもと一緒にご来場ください(一緒でない場合は、ご入場いただけません)
※保護者には、成人した兄弟や姉妹、祖父母等の親族も含みます
※こども1名につき、保護者1名を対象とします
チケット販売所【一般券(前売り)】
https://l-tike.com/order/?gLcode=62386
ローソンチケット(Lコード62386


【こども無料券】・【こども同伴の保護者半額券】
https://l-tike.com/st1/jw-orchestra_kids
ローソンチケット(劇場・音楽堂等における子供舞台芸術鑑賞体験支援事業特設チケットサイト)
※ご購入は上記サイトでの予約申込み後、予約期限内にローソンにてお引き替えください
※システム利用料として220円/枚、発券手数料として110円/枚がかかります
チケット発売日2024年6月22日(土)午前10時から販売開始
協賛大和ハウス工業株式会社
助成文化庁 劇場・音楽堂等における子供舞台芸術鑑賞体験支援事業
主催公益財団法人高知市文化振興事業団、KSSさんさんテレビ 
お問い合わせ   公益財団法人高知市文化振興事業団 088-883-5071