空晴第18回公演「明日の遠まわり」

事業報告

開催日時 2019年9月14日(土)18:00開演
2019年9月15日(日)14:00開演
会場 高知市文化プラザかるぽーと小ホール
入場者数 1回目92名 2回目73名 計165名

夫婦、家族など、身近なテーマで笑いあり涙ありのテンポ良い舞台を作っている大阪の小劇団「空晴(からっぱれ)」の新作公演を劇団と高知市文化振興事業団が共催し、9月14日(土)・15日(日)に高知市文化プラザかるぽーと小ホールで開催しました。
座長の圧倒的なパワー、それに応える出演者たちの技術の高さ、本気で舞台に向き合う姿に圧倒される素晴らしい公演でした。
劇中では、子どもを持つこと、作らない、できないことで別れる男女、さまざまな立場で悩み苦しむ四十・五十代が描かれ、「男女の別れが辛いこと苦しいこと、そしてその辛さが乗り越えられないものではないことも、もう知ってる!」と言うセリフには、観客それぞれの心にぐっとくるものがありました。私たちの心の中にある辛い経験や苦しい気持ちを代弁しつつ、それでも観終わった後には、前を向いて明日へ歩いてゆく気持ちにさせてくれる空晴ならではの優しい作品でした。
観客の中には、2日間とも来場された方もおり、一度観たら二度三度と観たくなる劇団空晴に魅了されたようです。
今回が初めての高知公演でしたが、また高知公演をとの声が観客、出演者からも多く寄せられました。


アンケートより
・時を忘れて楽しむことができました。本当に素晴らしく、久々に舞台を堪能しました‼ 最後に心からホッとしました。また観たいです‼
・お疲れさまでした。とても楽しく観させていただきました。動きが沢山あり、見あきることなく目が離せませんでした。面白いだけじゃなく、グッと涙をそそられるシーンもあり、見ごたえがあり、終わってから凄く幸せな思いでいっぱいでした。全員のキャラが立っていて、ただ凄く話の内容が複雑だったけど、頭がおいていかれることなく、ずっと楽しく色々考えながら見れました。ぜひまた高知に来てほしいです。「空晴」最高~‼


家族・夫婦・周りの人々との当たり前だけど大事な関係をテーマに、優しい世界を創り続けている劇団「空晴」。
今回の公演「明日の遠まわり」は、離婚した夫婦を軸に「時間」の進み具合が人によって、そして事象によって違うことで起こる勘違いや誤解から生まれるコメディ要素を多分に含んで描く。
誰でも辛い経験や思い出したくない過去がある。
かつての「痛み」と向き合う人間に対する優しさや、自分にそれが襲い掛かってきたときの不安とも向き合うとき、周囲の人々の温もりに触れ、明日を生きる希望となることだろう。


日時 2019年9月14日(土) 17:30開場 18:00開演
2019年9月15日(日) 13:30開場 14:00開演
会場 高知市文化プラザかるぽーと 小ホール
入場料 全席自由 ※未就学児入場不可
前売り 一般 3,500円 22歳以下 2,500円 高校生以下 1,500円
当日  一般 3,800円 22歳以下 2,800円 高校生以下 1,800円
Culちゃーず会員価格 一般3,150円 22歳以下2,250円 高校生以下1,350円

【Culちゃーず会員特典】
先着10名様を無料で本公演にご招待。
9月7日(土)までに、高知市文化振興事業団にお申込みください。
前売り券販売所 かるぽーとミュージアムショップ…088-883-5052
高新プレイガイド…088-825-4335
高知大丸プレイガイド…088-822-5111
チケットぴあ(Pコード:494-599)
作・演出 岡部尚子
出演 上瀧昇一郎
岡部尚子
小池裕之
古谷ちさ
駒野侃
酒井高陽(ゲスト)
林英世(ゲスト)
太田清伸(ゲスト)
スタッフ 舞台監督:青野守浩/照明:西崎浩造(キザシ)/音響:奥村威/音楽:金佑龍/宣伝美術:笹田憲孝/宣伝写真:衛藤キヨコ/制作:岡部尚子/公演制作:岡本康子(TRASH²)/票券:安井和恵/企画・製作:空晴
主催 空晴・高知市文化振興事業団
お問い合わせ 高知市文化振興事業団 088-883-5071